虫歯治療は削るだけじゃない?納得!歯医者さんの探し方

削らない虫歯治療でできるだけ歯を温存

削らない虫歯治療で温存

このコラムをシェアする

削らない虫歯治療のメリット

歯は一度削ると詰め物・被せ物で機能は取り戻せても再生はできません。何度も削る事を繰り返すと歯の寿命を縮めてしまいます。
削らない虫歯治療はできる限りご自身の歯でいたい、精神的な負担・痛み軽減、最終段階の抜歯しない、総合的な時間とコスト軽減になります。削らない虫歯治療と言う事は普段からできる限りのケアができていて、初期など削る必要がない虫歯であればさらに可能になります。削らない虫歯治療だからと言って、いい加減な治療をしてるわけではありあせん。
ダイアグノデントで初期虫歯を発見してくれます。初期虫歯は痛みがなく目視だけでは分かりづらい事もあります。データで虫歯有無判断するのでより詳しく分かります。
虫歯になったとしても削らない虫歯治療であれば子供・歯医者さんを苦手とする人には良い治療法です。

初期虫歯に有効な治療方法

フッ素加工をするとエナメル質を強化して再石化促進・酸から守ります。フッ素加工は歯磨き粉・デンタルリンスに含まれてる事は知ってる人が多い治療法です。フッ素加工後にMIペーストを塗ると表面の凸凹を埋めてさらにリカルデント効果で強化します。
虫歯部分に薬剤を塗り溶かして専用器具で虫歯除去するカリソブル治療、うがいができる年齢であればペリオトリートで歯垢・歯周病菌・虫歯菌をほぼ分解殺菌できるので痛みがなく小さい子供も安心です。
深い虫歯でも神経を抜かずに済むヒールオゾン治療はオゾンを虫歯に照射して殺菌します。
小さな虫歯に薬剤を染み込ませるアイコンはエナメル質を強くして酸から守ります。
早い段階の初期虫歯により効果を発揮します。虫歯はご家庭のケア・歯医者さんのサポートで最小限に抑えられるのです。