虫歯治療は削るだけじゃない?納得!歯医者さんの探し方

削らない虫歯治療でできるだけ歯を温存

主流となった虫歯治療

このコラムをシェアする

削る虫歯治療

虫歯を削ると聞くと、時間がかかる・痛みを心配して嫌がる人が多い治療です。自然治癒力はなく、虫歯の進行抑制の為に削らなくてはいけません。できるだけ最小限に削って詰め物をするのが一般的な治療法です。
失った歯の回復方法としてブリッジがあります。失った歯の両側を土台に、ダミーの歯と土台の歯を接着剤で止めます。土台となる歯に被せ物をすると大きくなりすぎるのでかみ合わせの為に土台の歯を削ります。ブリッジは両側の歯を削るデメリットがあります。
削った歯がまた虫歯になると大きな詰め物になります。大きな詰め物の下に虫歯ができると神経を抜く治療になります。神経を抜いた歯は弱くなり、被せ物になります。被せ物をし、根が破損すると抜歯しかありません。削ってしまえば永久に再度虫歯にならないわけでなく、虫歯・抜歯になりやすいリスクが増え、負のスパイラルも考えられます。

削らない虫歯治療

なるべく歯を削らず虫歯治療ができるといいですよね。
虫歯を削らない治療は定期的なクリーニングと適切なメンテナンスが必要です。定期的なクリーニング・メンテナンスで最小限の治療として削らない虫歯治療が適用できます。削らない虫歯治療で時間・コスト削減・安定した食生活にもなりご自身の歯をなるべく残す手段となります。
組織にダイレクトに働きかける・虫歯菌の殺菌・エアー・再石化促進などで虫歯治療を削らずに行う方法としてあります。
リスクが増える歯を削る虫歯治療にならないようにしたいですね。
ご自身の歯の状態・治療方法をしっかり説明してくれる歯医者さんを選ぶと安心します。すぐに、削る・抜くを薦めてくる歯医者さんは要注意です。